webサイト翻訳が使える意外な場面とは?

困ったときの即席通訳

外国人に話しかけられて困った、という経験をしたことがある人は多いかもしれません。しかし、webサイト翻訳があれば、そんなシチュエーションになっても困らないです。スマートフォンを利用して、外国人に言いたいことを話してもらい、音声認識でwebサイト翻訳に書き込みます。それを翻訳すれば、意思の疎通が取れるでしょう。言いたいことを外国語にできないときは、webサイト翻訳に日本語を書き込み、外国訳を作ります。それを見せればwebサイト翻訳が通訳の代わりになるでしょう。外国人が話しかけるのが英語とは限りませんので、全く分からない言語の可能性もあります。そんなときでもwebサイト翻訳は機能しますので、通訳として利用することができるのです。

勉強をするときに役立つ

webサイト翻訳は勉強をするときに役立つことがあります。まず、辞書の代わり使えます。知らない単語をwebサイト翻訳に記入すれば、簡単に調べられるのです。また、文章を訳したいときにもwebサイト翻訳は活用できます。長文などの訳が載っていない問題集もあります。長文の訳が分からないと正解の導きだし方分からないこともあるのです。そんなときにwebサイト翻訳であれば、長文も簡単に翻訳できるので便利です。さらに、日本語を英語に訳すこともできるので、日本語を英語にしたいときに役立ちます。もう一つ重要なのは、利用できる言語が英語に限っていないことです。webサイト翻訳であれば、英語以外の外国語を勉強するときにも役立つことになるでしょう。